MENU

TEACHER

INTRODUCTION

教員紹介

木原 民雄

TAMIO KIHARA

デジタルハリウッド大学
高等教育研究開発センター 副センター長
デジタルハリウッド大学大学院 研究科長 教授
デジタルハリウッド大学 教授

PROFILE

プロフィール
プロフィール

メディアアーティスト、メディアデザイン研究者。 メディアデザインの仕掛けや仕組み、 メディアアートの企画制作展示方法を探究している。 青山学院大学大学院経営工学専攻博士前期課程修了後、 NTT入社。さまざまな研究開発に従事し、 サービス企画や研究戦略にも携わる。その間、 東京大学先端科学技術研究センター協力研究員などを併任。博士( 情報理工学)(東京大学大学院)。 2013年より昭和女子大学環境デザイン学科教授。 2019年度よりデジタルハリウッド大学及び大学院教授。 2021年度より大学院専攻長。 2022年度より大学院研究科長。 1996年頃よりメディアアートの制作を開始。NTT/ICC、 メディア芸術祭愛知展などで作品展示。展覧会の企画、監修、 展示協力などに関わり続ける。 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理研究会幹事、 論文誌特集号編集委員長などを歴任。1997年Prix Ars ElectronicaのInteractive Art部門でHonorary Mention、情報処理学会山下記念研究賞、 2017年DPSワークショップ最優秀論文賞など受賞多数。

PUBLISHING

出版実績
出版実績

<論文>
・木原 民雄,加藤 由花:マルチメディア通信と分散処理研究領域における論文価値の意識調査,第27回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.21-27,情報処理学会,2019年.
・木原 民雄,加藤 由花:マルチメディア通信と分散処理ワークショップにおける研究トピックの変遷のテキストマイニングによる分析,情報処理学会論文誌,Vol.60, No.2, pp.1-8,情報処理学会,2019年.
・木原 民雄,星 ひかり:商業施設におけるハンドメイドワークショップのプロデュース,学苑,No.933, pp.46-49,昭和女子大学近代文化研究所,2018年.
・木原 民雄,星 ひかり:電子工作と手芸を融合したデザインワークショップの企画運営方法,学苑,No.921, pp.43-46,昭和女子大学近代文化研究所,2017年.
・木原 民雄:体験型メディアアートの展示デザインの方法と実際,学苑,No.909, pp.74-77,昭和女子大学近代文化研究所,2016年.
・木原 民雄,横山 正典,渡辺 浩志:人の位置移動による状況即応型デジタルサイネージの構成法,情報処理学会論文誌,Vol.53, No.2, pp.868-878,情報処理学会,2012年.
・木原 民雄:メディアアートから滑り出す緩やかな傾斜の上で,映像情報メディア学会誌64(8),
pp1231-1234, 映像情報メディア学会,2010年.
・木原 民雄,草原 真知子,安田 浩:場のアートとネットワークのアート,情報処理学会論文誌,Vol.44, No.2, pp.212-221,情報処理学会,2003年.
・木原 民雄,藤井 孝一,中村 理恵子,安斎 利洋:ネットワーク共有空間での人間の動きによる描画と演奏,情報処理学会論文誌,Vol.40, No.9, pp.
3501-3509,情報処理学会,1999年.

センター長

高橋 光輝

MITSUTERU TAKAHASHI

READ MORE